自動車・医療機器・電子機器・家電・半導体ロボット・航空部品などあらゆる射出成形部品の金型の事は、射出成形金型.COM


ゲート追加によるショートショットの改善
プラスチック製品の開発では、外観要求上の制限から設計段階でゲートの位置を指定されることが多くあります。
上の写真では、ゲートの位置・数共に設定が悪かったため、ショートショットになってしまいました。
このショートショットを改善するために、成形条件の変更として射出圧力を上げると、バリ・白化など様々な不具合発生に繋がります。
生産性改善のためには金型の設計変更が求められます。
プラスチック射出成形では、ゲート位置・数の設定が非常に重要です。
ショートショットの対策としては、ゲートの位置を変更したり、新たに追加したりすることを検討できます。
外観要求及び機構上問題なければ、上の写真のように、ゲートを追加することで、樹脂の充填バランスがスムーズになり、ショートショットを改善できます。
射出圧力を下げられることによりバリ・白化などの品質不具合の解消にも繋がり、生産性を向上させることができます。