自動車・医療機器・電子機器・家電・半導体ロボット・航空部品などあらゆる射出成形部品の金型の事は、射出成形金型.COM


肉盗みによる厚肉部のヒケ対策
プラスチック射出成形では、樹脂の冷却不均一による収縮差が生じるため、厚肉部に表面が凹んだ形状になるヒケと呼ばれる品質不具合が発生しやすくなります。 上図のように、長い取り付けボスを設定している場合には、外観側にヒケが発生することが予想されます。そこで、成形条件でヒケを回避しようとすると、 様々な品質不具合にも繋がる上、成形条件幅も狭くなります。生産性向上のため、金型を改善する必要があります。
金型修正によるヒケ対策としては、様々な手法があります。その一つが、肉厚部分に肉盗みを設ける方法です。 具体的には、上図のように、スライド構造によりボスの付け根部分に肉厚を抑える形状に変更します。 このように、肉盗みを追加することで、ヒケが解消され外観面の仕上がりが改善します。 また、成形条件幅も広くなり、他の品質不具合の誘発も緩和し、生産性を向上させることができます。