自動車・医療機器・電子機器・家電・半導体ロボット・航空部品などあらゆる射出成形部品の金型の事は、射出成形金型.COM






















特殊表面処理による離型不良改善
プラスチック射出成形では、離型を良くするために、金型に抜き勾配を設けることが一般的です。 ただし、製品形状によっては、抜き勾配を十分に設けられないものもあります。 こうした場合、射出成形の生産時に離型不良が多発し、寸法品質が安定しないことが予測されます。 生産性向上のために金型設計上で改善を加える必要があります。
製品形状の制限で金型に抜き勾配を設けることができない場合には、特殊な表面処理を用いる例があります。 具体的には、サンドブラスト技術とショットピーニング技術を組み合わせた特殊な表面処理です。 これにより、離型をスムーズにできる場合があります。 したがって、量産時には離型不良を解消し、寸法品質が安定するため、射出成形の生産性向上に貢献します。