自動車・医療機器・電子機器・家電・半導体ロボット・航空部品などあらゆる射出成形部品の金型の事は、射出成形金型.COM


ランナーレスシステムによる成形素材の削減
プラスチック射出成形では、スプルーやランナーといった樹脂の通り道となる箇所は、成形時に排出されます。 一部リサイクル材として活用することはあれども、材料ロスを避けることはできません。 特に、原材料費が高い製品、または多数個取りの製品の場合には、これらの材料ロスがさらに多くなります。 そこで、材料費ロスを抑えるためには、金型設計でできる対策を行う必要があります。
原材料費が高い製品、あるいは多数個取りの製品の場合では、スプルー・ランナー部の材料ロス分が大きくなります。 そこで、ランナーレスシステムを採用することで材料ロスを削減することができます。 ランナーレスシステムは、上図の通り、スプルーとランナー部の残存樹脂が硬化することなく、次の成形に充填される仕組みです。 これにより、材料費を削減しコストダウンを図ることが可能です。 ただし、金型費用自体は高くなるため、生産量とランニングコストとの兼ね合いで判断する必要があります。