自動車・医療機器・電子機器・家電・半導体ロボット・航空部品などあらゆる射出成形部品の金型の事は、射出成形金型.COM


ガスアシスト成形による金属部品から樹脂部品への置き換え
自動車業界では、燃費向上を追求することから部品の軽量化ニーズが多くあります。
現行で金属部品を使用しているところへ、樹脂部品へ変更することができれば軽量化は容易となります。
ただし、強度・耐久性の問題以外に、金属から樹脂への置き換えでは製法上の制限があります。
例えば、一般的に長いパイプ形状の部品は射出成形で製作することができません。
長いパイプ形状の樹脂部品は、一般的には射出成形することはできませんが、ガスアシスト成形を利用することで一部実現することができます。
ガスアシスト成形は、金型に樹脂を射出後、ガスを充填し、製品内部に中空部を成形する技術です。
上の写真は、ガスアシスト成形方法による樹脂パイプを製作した事例です。
自動車部品の軽量化、材料費コストダウンを実現することができます。