自動車・医療機器・電子機器・家電・半導体ロボット・航空部品などあらゆる射出成形部品の金型の事は、射出成形金型.COM


鋼材変更による金型の物理強度アップ・修理コスト削減
プラスチック射出成形の金型は、ショット数や成形材料によって物理的に消耗することを避けられません。
例えば、成形に用いられる原材料の中にはガラス繊維など硬い素材が含まれる樹脂材料もあり、金型の消耗を早めます。
物理的な消耗に対しては、金型の修理あるいは交換でコストが発生します。
生産量や使用する材料によって、金型の消耗が激しいことが想定される場合には、事前の強度対策が求められます。
生産数量が多く耐用年数が長い必要がある金型設計では、金属素材を通常のものから変更することで対策する場合があります。
具体的には、製品部をプリハードン鋼から焼き入れ鋼に変更する方法があります。
こうした素材変更によって、修理頻度が少なくなり、定期的に発生する金型更新コストを削減することができます。