自動車・医療機器・電子機器・家電・半導体ロボット・航空部品などあらゆる射出成形部品の金型の事は、射出成形金型.COM


鋼材変更とコーティングによる金型のガス耐性アップ・修理コスト削減
ガスが発生しやすい樹脂材料を成形する際には、金型の寿命が短命化する傾向にあります。 特に最近のエンプラ樹脂では、大量のガスが発生するものが数多くあります。 ガスは金型を錆びさせる原因となり、頻繁に洗浄を行う必要が生じたり、修理・交換が伴う状態まで劣化することもあります。 こうしたガスによる金型の消耗が激しいことが想定される場合、可能な限り事前の対策が求められます。
エンプラ樹脂などの射出成形金型では、大量に発生するガスに対する耐性が高い仕様に改善する必要があります。 具体的には、製品部鋼材をプリハードン鋼からSUS系の鋼材に変更することで、ガスに対する耐性を向上することができます。 さらに、ガスに強いコーティングを施すことで、より万全な対策となります。 これにより、金型の寿命が大幅に伸び、修理・交換費用のコストダウンを図ることができます。