自動車・医療機器・電子機器・家電・半導体ロボット・航空部品などあらゆる射出成形部品の金型の事は、射出成形金型.COM






















ガスアシスト成形によるソリ・変形対策
プラスチック射出成形では、箱形状の製品は成形後の変形が原因で、必ずと言って良いほど何らかの品質課題が出てきます。
具体的には、成形後に上図のような内ソリ・箱ソリが発生することが多々あります。
製品の寸法仕様および外観要求品質を満たすために内ソリ、箱ソリ抑える必要があります。
成形条件の変更では限界があるケースが多く、金型修正による根本対策が必要となります。
箱形状製品の内ソリ、箱ソリの対策としては、リブを追加して抑える方法が一般的に採用されます。
ただし、形状・外観要求上、リブの追加が適わない場合には別の方法が必要です。
より確実な対策としてガスアシスト成形を提案できます。
ガスアシスト成形は、金型に樹脂を射出後、ガスを充填し、成形品内部に中空部を成形し、ソリの発生を抑える技術です。
リブの追加のように外観が変更することはありません。ガスアシスト方式の採用で、より確実に変形を最小限に抑える事が可能です。