自動車・医療機器・電子機器・家電・半導体ロボット・航空部品などあらゆる射出成形部品の金型の事は、射出成形金型.COM






















品質不具合検証のための可視化金型の開発
通常、プラスチック射出成形時の金型内部の様子を伺い知ることはできません。
ヒケ・ソリ・白化・ウェルドライン、シルバーストリークなど、射出成形の品質不具合は数多くあります。
こうした品質不具合のメカニズムを検証するために金型内の現象を確認したいというニーズがあります。
射出成形に関わる人が持つ好奇心です。この好奇心が、金型内を可視化する技術の取組みきっかけとなりました。
モールドベースに特殊ガラスを埋め込む事でテスト的に内部の様子を可視化することが可能となります。
高速度カメラで撮影し、樹脂とガスの流動経路の仮説が正しい事が証明されました。
現段階ではガラス強度の関係で量産化は不可能ですが、上記のように不具合発生メカニズムの検証に使用することできます。