自動車・医療機器・電子機器・家電・半導体ロボット・航空部品などあらゆる射出成形部品の金型の事は、射出成形金型.COM


インサート成形とは

インサート成形とは、一般的には射出成形金型内に挿入した部品の周りに、加熱溶融させたプラスチックの原料などを射出注入して、挿入した部品とプラスチックを一体化する成形方法です(なお、この挿入する部品は用途により金属のほか、異なる材質の樹脂が採用されたりします)。
このインサート成形による射出成形品は、金属の端子と樹脂の本体が必要なコネクタなどの部品に採用されるのが一般的です。
最近は、インサートしたブラスチック部品に、自主接着性を持った液状シリコン材料を射出成形することで組み立て工数を削減する、といった問合せが多くなっています。

インサート成形の特徴

インサート成形を行うことで、下記のようなメリットが得られます。

  • ①違う材質同士を一体化できる
  • ②接合強度の向上
  • ③耐久性の向上
  • ④成形だけでは実現できない、特殊な形状も対応
  • ⑤フィルムなどをインサートすることで、外観面が向上
  • ⑥封止できる(端子など)
  • ⑦組立工数の削減
  • ⑧位置精度の向上

なお、インサート成形は、射出成形の方法自体は一般的なものと変わりありませんが、金型にインサートする部品をなんらかの形でセットする必要があります。そのため、基本的には人手が必要となってきますが、ロボットを活用する例もあります。
通常の横型の射出成形機でもインサート成形は可能ですが、作業効率を上げるためには、インサート成形専用の竪型射出成形機を用います(大量連続生産を行う場合には、フープ成形専用の付帯設備が必要となります)。

射出成形金型.comのインサート成形用金型が選ばれる理由

1.インサート成形における豊富な実績!

射出成形金型.comでは、30年に渡りインサート成形用の金型を作り続けてきました。
インサート部品はプレスされた部品であることが多く、部品の寸法がばらつくことが多くあります。その場合、金型設計においてはそれらの寸法を考慮した上で金型設計・製作を行う必要がありますが、射出成形金型.comでは、インサート成形金型をこれまで多数設計・製作してきた実績・ノウハウにより、こうしたケースにも柔軟に対応しています。
なお、金型設計・製作にとどまらず、インサート部品から成形まで一貫で請け負うことも可能です。

2.各種インサート部品に対応!

射出成形金型.comでは、30年に渡りインサート成形用の金型を作り続けてきました。
インサート部品はプレスされた部品であることが多く、部品の寸法がばらつくことが多くあります。その場合、金型設計においてはそれらの寸法を考慮した上で金型設計・製作を行う必要がありますが、射出成形金型.comでは、インサート成形金型をこれまで多数設計・製作してきた実績・ノウハウにより、こうしたケースにも柔軟に対応しています。
なお、金型設計・製作にとどまらず、インサート部品から成形まで一貫で請け負うことも可能です。

3.製品設計時からのVE提案を行います。

インサート成形に関わらず、射出成形品はどのような形状で設計するかによって、品質がばらついたり、歩留り・生産性が悪くなったり、あるいは金型寿命が短くなったりします。こうした問題に対して射出成形金型.comでは、製品設計時のVE提案に加えて、射出成型品の形状提案から、金型の不具合による生産トラブルを未然に防ぐための見直し提案も行っています。

製品事例

コネクター
コネクター
インシュレーター
インシュレーター
コネクター
コネクター
シリコーンポイント
シリコーンポイント
センターパネル
センターパネル
レバー
レバー
インシュレーター
インシュレーター
PCと液状シリコーン樹脂の2色インサート成形品
PCと液状シリコーン樹脂の
2色インサート成形品

成形ジャンルから探す

プラスチック 多数個取り インサート成形 2色成形 ガスアシスト成形 液状シリコーン射出成形 ゴム成形 その他

業界から探す

自動車 電気機器 医療・介護 食品・化粧品 雑貨 その他業界