インサート成形・LIM成形・ガスアシスト成形などの精密金型なら、射出成形金型.COM

射出成形金型.comお問い合わせ
ガスアシスト成形による厚肉部のヒケ対策
厚肉製品の射出成形では、樹脂の冷却不均一による収縮差が大きいため、表面が凹んだ形状になるヒケという品質不具合が発生しやすくなります。 上図のように、U字型に屈曲した製品形状では、ヒケの影響がより顕著に表れてしまいます。 成形条件でヒケを回避しようとすると、様々な品質不具合にも繋がる上、成形条件幅も狭くなります。 そこで、生産性向上のため、金型を改善する必要があります。
金型修正によるヒケ対策の一つとして、ガスアシスト成形を用いる方法があります。 ガスアシスト成形は、金型に樹脂を射出後、ガスを充填し、成形品内部に中空部を成形し、ヒケの発生を抑える技術です。 肉厚な製品のヒケが解消され外観面の仕上がりが改善します。また、ソリ変形にも有効です。 さらに、成形条件幅も広くなり、生産性を向上させることができます。